合わない入れ歯のデメリット

入れ歯を作るときに大切なのが、自分の口に合った入れ歯を作ることができるかどうか?ということです。合わない入れ歯を使い続けていると、いろんなデメリットが生じるため違和感を感じたら早めに歯科を受診し相談しましょう。

口に合わない入れ歯を使うと生じる悩み

  • ・痛みを感じる(サイズが合っていないなどが原因で生じるとことがある)
  • ・外れやすい義歯(安定剤を使わないとズレてしまう入れ歯はサイズがあっていない可能性が高い)
  • ・入れ歯をいれると吐き気がする(この場合もサイズが合っていないためと言われている)
  • ・食事をすると痛い(使っている人の顎の動きと入れ歯が合っていない事が原因)
  • ・話しにくい(入れ歯のせいで口腔内が狭くなってしまい、下が動きにくくなることが原因)
  • ・入れ歯だと直ぐにばれる(入れ歯だとひと目で分かる作りになっていることが主な原因)

入れ歯ってどうやって作られているの?歯科で作られている義歯

ティース

入れ歯を作るなら

入れ歯を作りたい・作り直したいと思っている人は院内歯科技工士のいる歯科を受診してみてください。通常なら歯科で入れ歯を作る治療をうけても、外部のしか技工所に依頼をして作ってもらいます。そのため、患者自信の希望にそった物を作ることができない場合もあると言われてます。入れ歯を作るならピッタリと自分の口にあった入れ歯を作りたい!という人は大阪にある院内歯科技工士の居る場所で治療を受けてみましょう。

歯

入れ歯の相談は専門医へ

歯科で入れ歯を作ったけど口に合わない・入れ歯を使うと違和感を感じたり痛みを感じるという悩みを抱えている人は東京にある入れ歯相談室で専門医に相談してみましょう。専門医なら、患者が抱えている細かな悩みに合わせて何が原因になっているか、どんな入れ歯が合っているかなどを検証してくれます。審美性の高い入れ歯を作ることもできると言われているため、入れ歯をつけているとバレたくない人や、目立ちにくい入れ歯が良いという人も相談してみてください。

歯科

諦めてはいけません

自分の口に合わない入れ歯を使っていると、痛みや違和感以外にも顔の印象が変わる・吐き気を感じるといった症状が出ることもあります。そのため多くの人が、自分には入れ歯が合わないんだ・・・と諦めてしまいます。しかし、こういった症状も大阪にある院内歯科技工士の居る場所で入れ歯を作ってもらったり、東京にある入れ歯相談室などで医師と相談しながら自分に合った入れ歯を作ることで解消できることもあります。そのため諦める前に、一度相談して話を聞いてもらいましょう。

諦める前に相談して良かったと思った事

歯と医療器具

オーダーメイドで作って貰うことができました(60代:女性)

部分入れ歯が欲しくて、歯科を受診したんですがやっぱり見た目的に入れ歯です!って目立つのは嫌で悩んでたんです。でも、歯医者さんに相談しながら作ってもらうことができ、私の希望を聞いてくれたので満足のいく仕上がりになりました。